10
TOP IMAGE
http://kimagureniwa.blog.fc2.com/

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソファの作り方Ⅲ

ではキルト芯と布をカットするために型紙のようなものを作ります。
発泡スチロールのソファを紙に押し当てて
形通りになぞったらすぐにできます^^
少々ずれたりしても大丈夫なので適当でv
必要枚数を記入しておけば間違いもなく進められると思います(*^^)



柄を考えて配置・カットします。
もちろんドット柄とか無地など、上下が無い柄は
順番に隙間を最小限にして並べるだけでいいですよ。

布は型紙より5~7ミリ大き目でカット。
特にカーブがきつい部分は少し大きめにカットしたほうがやり易いと思います。
発泡スチロールの切り込みに押し込む作業をするんですが、だんだんとほつれてきますので。
大きすぎたら後からカットも出来ますしね。
案外、カーブの部分はピケを使ったらいいかもしれません。。(これは試してないですが)

キルト芯は型紙通りにカット。



こういう布がつりそうな部分は切り込みいれました。



スプレーのりを軽くスプレーして、キルト芯を面に固定。(軽く引っ付いてる程度でok)
その上から布をかぶせて
あとは、こんな感じで、切り込みにグイグイと押し込んでいくだけです(/・ω・)/
布の厚さによっては入りにくかったりするかもしれませんが、
そこは根性で押し込んでください(笑)
といってもあまり強く押し込みすぎて発泡スチロールを破壊しないように(^^;;



総ての面に同じ作業をして完成してものがこちらです。
完成画像は使いまわしですが(〃´・ω・`)ゞ

moblog_91ce6b07.jpg

布を切り込みに押し込む作業が一番時間掛かったし
なかなかスムーズに進みませんでした(・ω・;)
とくに発泡スチロールが柔らかいと押し込む時にスチロールもしなっちゃうので
硬めのものがいいと思います。

同じ面でも、一辺を押し込んで向かいの辺を押し込む作業してる時に
押し込み済みの辺からまた布が出てきてて、
あーもぅ・・!(-_-メ)
ってこともありましたが、めげずにトライです(`・ω・´)

では、長々とお付き合いくださりありがとうございました。
お疲れさまでした(*・`ω・)ノ゙゚+。ォ゚+。ッ゚+。ヵ゚+。レ゚+。
スポンサーサイト

ソファの作り方Ⅱ

昨日に続きまして、今日は背の部分です。
手置きの部分と同じように自分の好みの形を厚紙で作ります。
2枚同じ形でb



同じ手順で板状になった発泡スチロールをカット。
1枚が1センチ厚くらいだったので2枚重ねて厚みを出しました。
それを先に作った座る部分に接着。
こんな感じになりました。
(ソファの底の部分にも丸みをつけました)



これだけでもかなりソファっぽくなりましたね^^





これに、キルト芯を挟んで布で覆いをしていきます。
まず境目に分かりやすいようにラインを引きます。
そのラインに切り目を入れていきます。
角に入れる切り目は斜め45度になるように刃を入れます。



この画像じゃ角度も何も分かったもんじゃないですが(^^;;
ラインを入れた部分総てに切り込みを入れます。



だんだん完成に近づいてきましたよ(^◇^)
ここまでくるとあとちょっとです。

続く。。

ソファの作り方Ⅰ

まず厚紙でこのような形のものを二枚用意します。
重ねて切ったので全く同じ形のもの二枚です。
寸法としては5×5センチの内側に収まる程度。
形ですが、ソファの手置き(という言い方でいいか分かりませんが)の部分の断面図の形なので
そこは好みで色んな形にしたらいいと思います。



この厚紙をこんな感じで、5センチ角の発泡スチロールにまち針で止めます。
まち針で刺す時に針を折らないように。
他にも厚紙をスチロールに固定できればどんな方法でもいいけど、
私はこれが一番無難かな、と思ってます。
接着してもまた剥がさなきゃいけないし、テープ等だとずれることもあるし。



固定した面と平行になってる面にもう一枚も同じように固定。
この時に形も平行にスライドさせるように配置します。
うーんと、上下左右同じ方向で、と言ったほうが分かりやすいかな。



この厚紙をガイドとして、スチロールカッターでカット。
結構スチロールカッターでまっすぐ切るのって難しいんですけど、
この方法だと厚紙がある部分は切れないので厚紙通りの形にカットできます^^



同じ作業を4回繰り返して同じものを4つ作ります。
まぁ、少々表面がでこぼこしても
キルト芯を上から張るので問題なしですv



二つをスチロールボンドで接着。



ブロック状のスチロールの端にボンドで接着。
(一時的に固定するためにテープ張ってますが、ボンドが乾いたら剥がします)
はい。ようやく手置きみたいな形になってきましたね^^



もちろん、この手置きの部分はこんな風にカーブしてなくても
まっすぐでもok。そこはお好みで。
真っ直ぐな場合は、5センチ角のスチロールを
半分にカットするだけでいいので簡単ですね(*^^)

続く。。

ドール用ソファ・材料

今回作ったソファの自分用覚書として作り方を載せます^^
作り方というより、私が作った手順といいますか。
ドーリィ・ドーリィ2を参考にしています。

まずは材料から。
カッコ内はメーカーです。

●発泡スチロール
今回、入手しやすい発泡スチロールを使いました。
・5センチ角のもの・4個セットになってました。使ったのも4個(ダイソー)



・ブロック状のもの。だいたいサイズは10×20×5センチ、1個(ダイソー)



・板状になってるもの(ダイソー)
(これは柔らかすぎて使いにくかったので次回作る場合があっても使わないかも・・)



●発泡スチロールボンド(ダイソー)
発泡スチロールが接着できるものだったら何でもok



●スプレーのり(ダイソー)
●粘土用ヘラ(パジコ)
ヘラはこれじゃなくても代用できるようなものならなんでもok



●キルト芯(ダイソー)
ダイソーで購入したので厚さとか特に選ぶ余地もありませんでしたが、
そこはお好みで。



●スチロールカッター(白光株式会社)
かなり前に近くのホームセンターで購入しました。
直線だけのソファならこれが無くても大丈夫だと思います^^



●布 50×50位あったら足りると思います。
●厚紙 スチロールカッターを使う時に使用しますので、これも直線のみのソファだと不要かも。
●はさみ、新聞、まち針、カッター

見ての通りほとんどダイソー(100均)で入手可能です(*^^*)
お手軽にチャレンジできますねv

続く~ノシ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

minace

Author:minace
熱しやすく冷めやすい
こだわりだすとキリがない困った凝り性

お人形好き
猫好き
最近バラも好き

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

月別アーカイブ

訪問者数

ランキング

ランキングに参加いたしました。
気が向いたら押してやって下さい^^



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ

ありがとうございました♪

プーペ

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

検索フォーム

勝手にお気に入り

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。